ゲームニュース

『クッキングママ』新作、2月にひっそり発表されていた―目玉は「ベジタリアンモード」、先日報じられた新作との関連は?

先日、ドイツの審査機関USKに『Cooking Mama: Cookstar』なるタイトルが登録されていたことが海外で伝えられていた『クッキングママ』シリーズですが、新たに2019年2月の時点で同シリーズの新作が発表されていたことがわかりました。海外パブリッシャーPlanet Digital Partnersより2019年2月に発表されていたのは『Cooking Mama:Coming Home to Mama』というタイトル。主要コンソール(発表内では少なくともニンテンドースイッチに言及している)にブロックチェーン技術を統合するゲームとされ、2019年秋発売を予定しているということです。また、今作の大きな特徴として、肉料理を作りたくないプレイヤーが独創的な料理を作れる「ベジタリアンモード」も新たに追加されるとのこと。プレイヤーは「従来のモード」「ベジタリアンモード」の両方で料理をしたり、ニンテンドースイッチのモーションジェスチャーに従来のコントロールを組み合わせて、ミニゲームをプレイするたびに没入的な準備や料理体験ができるとしています。この『Cooking Mama:Coming Home to Mama』と、先日USKに登録された『Cooking Mama: Cookstar』が同一タイトルなのかは不明ですが、後者はニンテンドースイッチ/PS4向けタイトルとして登録されています。『Cooking Mama: Cookstar』は今のところ正式に発表されていませんが、どのような作品となるのでしょうか。通算2,000万本を世界で売り上げているというシリーズの続報に期待です。
『クッキングママ』新作、2月にひっそり発表されていた―目玉は「ベジタリアンモード」、先日報じられた新作との関連は?
https://www.gamespark.jp/article/2019/08/12/92072.html
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です