ゲームニュース

『スーパーマリオメーカー2』の鬼畜コースにインスパイアされた『CS: GO』のマップが公開―これが本当の戦場か…


様々な作品がワークショップにて公開されている『Counter-Strike: Global Offensive』に、『スーパーマリオメーカー2』で話題の難関コースに触発されたマップが公開されました。海外ファンのZooLさんによって公開されたのは、『マリオ』風のシングルプレイ専用マップ「Challenge – Super Leet Bros 1-1」。『スーパーマリオメーカー2』のファンメイド鬼畜ステージ「1-1 but with a twist」にインスパイアされて作成したとされています。
確かに、足の踏み場もないほど張り巡らされたファイアバーはリスペクトを感じさせる出来。さらに、マップの奥行き、銃でブロックを作動できるなど『CS: GO』ならではの要素もしっかり押さえられています。なお、ZooLさんによれば「サディスティックにならないように努めた」、「不可能なレベルというよりレースとして楽しんでほしい」とのこと。投稿者の意向通り、タイムアタックに挑戦してみるのもいいかもしれません。ちなみにRedditにはこのステージを32秒でクリアする猛者も現れています。
『スーパーマリオメーカー2』の鬼畜コースにインスパイアされた『CS: GO』のマップが公開―これが本当の戦場か…
https://www.gamespark.jp/article/2019/08/12/92071.html
Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です